CDハードロック・ヘヴィメタルOZZY OSBOURNE

SPEAK OF THE DEVIL

発売年 1982年

オジーが独立前に在籍していたブラックサバスの曲達を入れ込んだアルバムです。ランディ・ローズを不慮の事故で亡くした後のアルバムで、後任にブラッド・ギルスを迎えてます。後にナイトレンジャーというバンドを結成するギタリストで、彼のその後の活躍もオジーのギタリスト発掘人としての手腕が評価される一因といったところではないでしょうか。他にもルディ・サーゾ(ベース)とかトミー・アルドリッジ(ドラムス)といった豪華メンバーのライブ盤で、貴重な1枚だと思います。

ボクはリアルタイムのファンより少し世代が下なので発売当時は知らないしそれほど思い入れもないですが、ランディ・ローズがいなくなったばかりの時期のものなのでなんとなく寂しい感じもする作品です。

有名所の曲では3.Black Sabbathとかロードウォリーアーズの入場曲10.IronMan11.Paranoid、よく聴くのもその辺りです。

曲目

  1. Symptom Of The Universe
  2. Snowblind
  3. Black Sabbath
  4. Fairies Wear Boots
  5. War Pigs
  6. The Wizard
  7. N.I.B.
  8. Never Say Die
  9. Sabbath Bloody Sabbath
  10. IronMan/Children Of The Grave
  11. Paranoid

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)